ポイント貯めてサブ3!市民ランナーのブログ

こんにちは!サブ3ランナーのクッキーです。このブログではフルマラソンを走る市民ランナーに如何に「経済的に」それぞれの夢を達成するかのノウハウを紹介できたらと思います。真面目に走り始めると意外と経費が嵩んできますが、ポイントサイトを上手に活用して、サイフを使わずに速くなりましょう!

【ポイントサイト】ソラチカルート閉鎖・代替ルートはこれ!東急ルートを紹介

f:id:tina_cookie:20191006234509j:plain

1 はじめに

 令和元年9月下旬、陸マイラーと呼ばれるポイント獲得による航空会社マイレージ利用愛好者に大きな話題となったのが、「ソラチカルート」と呼ばれる高率でのポイント移行手段の完全閉鎖。この手順を踏むとクレジットカードの入会などで貯めたポイントが極めて効率でANAマイレージに移行できるとして、多数のマイレージによる旅行者を輩出してきましたが・・・。しかしご心配なく!代替ルートが既に整っています。今回はこのお話です。

2 ソラチカルート閉鎖について

f:id:tina_cookie:20191006235823p:plain

 今回、ソラチカルートが閉鎖になった原因は、「LINEポイント」からメトロポイントへの移行停止です。時期は2019年12月27日15時。これ以降はLINEポイントを利用してのANAマイルへの移行はできなくなります。0.81%という高率での移行はこれにて終了です。

3 代替手段:東急ポイントルートはこれだ!

f:id:tina_cookie:20191006235934p:plain

 仮に「東急ポイントルート」と称します。このルートはドット・マネーという同じくポイントサイトを経由して東急ポイントを貯め、このポイントをANAマイルに移行するものです。移行レートはソラチカの81%から75%に低下します。仮に10,000pt(=1万円相当)を移行させると、7,500 ANAマイルになります。まあ微減と言えるでしょうか。

 ただし、メリットもあり、ソラチカルート最大のネックであった移行期間の長さは、表記のとおり、概ね1ヶ月程度に短縮されます。これは便利!行きたい場所があってもポイントがなかなか移行できずにヤキモキした人も多かったと思います。

 更にメリットは、移行ポイントの上限がないことです。これまでは20,000ptが月の上限で、90%の比率で移行して18,000マイルが最大でした。これは大変に便利です。

4 東急ポイントルート開設方法は?

 魅力一杯の東急ポイントルート、その構築は極めて簡単です。

(1)ドットマネーにアカウントを作る

f:id:tina_cookie:20191007001317p:plain

 これはそのままドットマネーのサイトに飛んで入会してください。上記画像をクリックで結構です。紹介制度はありませんので、ボーナスポイントはありません。

(2)ANA東急カードを作成

f:id:tina_cookie:20191007001717p:plain

 これがそのカード。正式には「ANA TOKYU Point ClubQ Pasmo」カードといいます。このカードを作成することで、東急ポイントからANAマイレージへとポイントの移行が可能となります。他の同種クレジットカードではダメです。必ずこれと同じカードを作って下さい。作成後は所定のアカウント作成等を行ってみてください。上記画像をクリックするとサイトへと進めます。

5 おわりに

 ランナーとしてはポイントが迅速にANAマイレージに移行できてかえって楽かも。急遽どこかに遠征してレースに出る、といった場合では従来のソラチカルートでは実現できなかった短時間でのANAマイレージ獲得が可能になります。ぜひ、みなさんもこのルートを構築し、マイレージによる無料航空券の旅を満喫してみてください。