ポイント貯めてサブ3!市民ランナーのブログ

こんにちは!サブ3ランナーのクッキーです。このブログではフルマラソンを走る市民ランナーに如何に「経済的に」それぞれの夢を達成するかのノウハウを紹介できたらと思います。真面目に走り始めると意外と経費が嵩んできますが、ポイントサイトを上手に活用して、サイフを使わずに速くなりましょう!

【サブエガ】第7回古河はなももマラソンを振り返る!

f:id:tina_cookie:20190316224004p:plain

1 はじめに

 先日、古河はなももマラソンを走ってきました。タイムは公式で2:48:29とつくばに続きのサブエガを達成しました!今回はその振り返りです。

2 会場まで

 今回は自宅から。5時台の電車に揺られて横浜06:15発のJR上野東京ライン一本で古河駅へ。スタートが10時ですので、電車内で食事を摂ることになります。今回の朝食はこんな感じです。

f:id:tina_cookie:20190316224612j:plain

メインはSEIYUで購入したカステラ4切れ。これによもぎ大福3個でゆっくり消化されるエネルギーを確保。ビタミン補給のオレンジジュースとカリウム補給のバナナも。モンスターエナジーはレース直前のおまじないです(笑)。

f:id:tina_cookie:20190316225341j:plain

レース前は脚が攣るのを予防するためにコムレケアという漢方薬をドラッグストアで購入するのですが、今回はまんまと忘れてしまいました(涙)。ハムとふくらはぎは1週間前に筋トレで筋疲労を起こして繊維を強くしていますが(付け焼刃w)、カリウムの更なる補給で予防します。自販機で味噌汁を購入!

古河駅には07:39に到着。駅からは沢山のランナーとともにシャトルバス乗り場へ徒歩移動。10分ほどで乗り場へ到着。バスは潤沢に用意されていますのでストレスなく乗車。08:30前には会場入りを果たしました。

3 スタートまで

 会場に着いてからは恒例のスポーツ店の出店を物色。

f:id:tina_cookie:20190316231112j:plain

これは凄い!もう投げ売り状態ですね(笑)。冬シーズンの終わりですので、在庫一掃なのでしょう。

f:id:tina_cookie:20190316231154j:plain

シューズも安いですね。ASICSのGT-2000 New York 6がこのお値段!

f:id:tina_cookie:20190316231257j:plain

ちょっと見づらいですが、ターサージールTSが8,500円。その他もこのお値段は買い!ですね。

f:id:tina_cookie:20190316231526j:plain

今回はサプリ類もあまり購入していませんでしたので、このようなバーゲンは大助かりです。VESPA HYPERを2つとMag Onのカフェイン入りを2つ購入。ポーチに収納して腰に付けて走ります。VESPA PROは1つ買ってありますのでスタート前に。

購入後は仮設のコインロッカー前に一旦荷物を置いてトイレ休憩。体育館内のトイレで快便でした。ウォッシュレットだったのもうれしい点です。ここからは全レースで同じ行動をとります。ストレッチで全身をほぐし、両乳首にテーピング。脇と股にワセリンを厚めに塗って、勝負シューズに履き替えます。今回もAdizero匠練で臨みます。忘れずに計測用チップを装着します。つま先が曲がっても干渉しないことを良く確認します。この間、モンスターエナジーをちょびちょび飲みます。頭もカフェイン効果で冴えてきます。

f:id:tina_cookie:20181128225142j:plain

準備ができたのは09:00過ぎ。そろそろランパン・ランシャツになって、用意してきたごみ袋を頭から被り防寒対策とします。VESPA PROをグビっとやってから荷物をまとめ、コインロッカーへ詰め込みます。400円はちょっと高め。

2kmだけゆっくりジョグして、最後に仮設トイレへ。小だけのトイレは比較的空いていました。終えてスタートブロックへ。今回は見事Aブロックですが、09:30でもガラガラでした。余裕でスタート10m前の位置をゲット。もう準備は万端です。

4 レース

f:id:tina_cookie:20190317004445p:plain

(1)スタート~序盤

 この日は週間予報の雨天が外れ、晴れ空の気温12℃、予想最高18℃と冬にしては高めの気温。スタートブロックのランナーの間では「これは暑さとの戦いになるな」という共通認識が。10:00ちょうどに号砲。遅いランナーの混入もなく、ストレスなく序盤からキロ4アンダーで快調に刻めます。風もなく、好条件です。最初の1kmは3'58''。まずまずの出だしです。最初の5kmは体がまだ暖まっていないので抑えめに。0-5kmは19'51''でした。最初の折り返しからは順調にリズムに乗って3'55''/kmで押します。一直線の十間道路をひた走り、5-10kmは19'38''。これが区間最速となりました。この10km過ぎでVESPA HYPERと梅干タブレットを摂りました。日差しもありますので、給水もスポーツドリンクを選び、毎回摂るようにします。

(2)中盤

 中盤は折り返しが4つもありますが、特に坂道もなく快適に飛ばすことができます。キロ4分以内で走る大集団に加わって走ります。途中、右ハムストリングにピキピキという変な感覚があり、攣る兆候かと警戒しましたが、フォームが崩れていると思い、前傾姿勢と重力の反動利用に心掛けると治まりました。10-15kmは19'43''、15-20kmは19'58''、20-25kmは19'55''でした。1:23:30で中間地点を通過。まずまずです。暑くなってきましたので、給水はスポーツドリンクを飲んで、水は首筋や頭にかぶります。20kmで再びVESPA HYPERと梅干タブレットを摂りました。

(3)終盤

 後半に入ると、やはり右ハムの疲労が出てきましたが、無理せず、再度フォームの乱れを矯正し、25-30kmは19'54''。まだタイムは落ちていませんので自信をもって後半に臨みます。十文字のコースの折り返しの最後の30km地点以降は、いよいよマラソンの醍醐味である疲れた脚との戦いの開始です。ここからが勝負と自分にも言い聞かせ、疲労が溜り重くなり始めた脚でキロ4分ペースを死守しようとしますが・・・GARMINの腕時計はキロ4'05''ペース表示に。ちょっとずつ遅れ始めます。30-35kmは20'14''と初めてキロ4分をオーバーしてしまいました。35-40kmも20'21''と更に遅れ、前半で稼いだ貯金が気になり始めます。しかし、悩んでもあまり意味はないので、1km毎の走りに集中するようにします。疲れた脚の時こそフォームを意識してこらえます。また、30km過ぎでMag Onを飲んでカフェインによる復活を狙います。エイドで梅干しがありましたので、攣り予防で有り難く頂戴しました。35km以降は給水はパスして走りに集中しました。

(4)ゴール

 40-41kmの区間こそ3'59''に戻しましたが、脚が重くてラストスパートはできませんでした。41-42kmは4'07''もかかってしまいました。最後は中央運動公園の陸上競技場のトラックに入ります。気持ちはスパートですがピッタリキロ4分ペースでゴール。

 タイムは2:48:29。サブエガ達成ですが、PBからは10秒遅れ。序盤のペースを維持できませんでした。後半は1:24:59と1分29秒遅れのタイム。30km走の練習不足がやや祟った感がします。サブ45を狙うなら、キロ3'54''を死守することになりますので、スピード持久力にもう少し余裕が欲しいところ。今後の課題です。

f:id:tina_cookie:20190317004903j:plain

5 おわりに

f:id:tina_cookie:20190317001832p:plain

 古河はなももマラソンは、非常にフラットなコースが人気です。華やかさはなく、コースを走りながらの沿道の景色も、正直言って茨城県の田舎道ですので、これといった特色はありません(笑)。でも、純粋に走りを求めて走るのであれば、このレースは大変オススメです。アクセスも良好で、関東圏から日帰りが可能。皆さんも古河はなももマラソンに是非出走してみてください。自己ベストが狙えますよ!