ポイント貯めてサブ3!市民ランナーのブログ

こんにちは!サブ3ランナーのクッキーです。このブログではフルマラソンを走る市民ランナーに如何に「経済的に」それぞれの夢を達成するかのノウハウを紹介できたらと思います。真面目に走り始めると意外と経費が嵩んできますが、ポイントサイトを上手に活用して、サイフを使わずに速くなりましょう!

【ランナーのマメ対策】マメができたらこう対処 早期回復→練習に支障なし

f:id:tina_cookie:20190114233054j:plain

1 はじめに

 みなさんこんにちは。ランニングの練習後、或いは走っている最中に足の指や足の裏に違和感を感じることはありますか?靴擦れが発生すると、マメが発生してしまいます。フルマラソンで足の血マメが破裂して、シューズにまで血が滲み、激痛を伴う、という最も悲惨な例は体験したことがありませんが、たまにできるマメの対処法を少し紹介してみたいと思います。なお、ここでは医学的見地からではなく、あくまで経験則としての記述であることをご了承ください。

2 マメができたら

(1)部位を特定

 ソックスを脱いで場所を特定します。足の指の裏側とかだと意外と見つけづらいことも。何となく違和感がある時は、周辺を丹念に指で押してみて、特有のマメの感触がないかを探り出してください。

(2)水を抜く

 消毒した針を用いてマメに穴を空け、組織液を抜いてしまいます。針はランナーであれば腐るほど保有している(笑)ゼッケン止めの安全ピンで結構です。ただし、錆等のない清潔なものを。消毒液も必須です。消毒した針をうまく皮膚に刺してマメの内部の組織液までの通路を作ってしまいます。皮が厚い部分であれば苦労しますが、皮膚を色々な方向からつまんで、最も最短距離で組織液の溜まっている部分を貫けるように工夫してみてください。

 貫くことに成功したら、一気に組織液が流れ出すと思いますので、全部抜いてしまいましょう。マメによっては1箇所の穴だけではマメ全体の組織液が抜けないことも。場所を変えてトライしてみてください。

(3)消毒と保護

 面倒でも、抜き終わった穴周辺を良く消毒してください。マメ内部にまで消毒液が注入できれば最良です。消毒が終わったら絆創膏で保護しましょう。テーピングしかない場合は代替できますが、入浴後はこまめに消毒し、テープを取り換えてください。

3 その後の処置は?

(1)表皮をむくタイミング

 マメができた当初は表皮はまだ元気ですので、軽度のマメであれば溜った組織液を抜けば再び真皮とくっついて元のとおりになることもあります。重度のマメの場合は、表皮がはがれそうになることも。準備ができていないまま真皮がむき出しになると外部の刺激が強い痛みとなってズキズキ来ます。足の裏がこのようになってしまうと走るのはきついですね。ですので、なるべく表皮をむかずに刺激を防護し、真皮に準備させる時間を与えるべきです。真皮の準備完了と同時に表皮が自然と取れることが多いです。

 ただし、早目に表皮を取り除き、真皮を乾燥させてしまう方が完治までの時間は短いという説もあります。しかしこの場合は、練習を継続する場合には強い痛みを伴います。また、マメができる原因が同じであれば真皮にも同じマメを作ることにもなりますので、シューズやソックスを変える、練習量を減らす、或いは相当に厳重にテーピングを行う必要があります。

(2)表皮がむけた後の処置

 周囲の表皮との段差が生じていると思います。ここがきっかけで更に余分な表皮までもむけてしまうことも。よって、縁になって白く変色している周囲の表皮を爪切り等で整えてこれを予防するか、テーピングでずれ等を止めてしまいます。その後、部位が乾燥してくるとともに縁が固くなりますので、こまめに爪切りで取り除くか、爪切りに付いているヤスリで段差をなくしてしまいましょう。これを繰り返していけば、ほぼ完治です。

 注意点としては、絶対に手でむいたりしないこと。必ず爪切り等を用いて、必要以上に表皮をめくってしまい、傷つけることがないようにしてください。

(3)マメがあった場所が数日経っても腫れている場合

 消毒が不十分で化膿しています。黄色く変色しているようであれば、膿が溜っていることが考えられます。真皮がかさぶた状になっていても痛む場合は、その下に膿が溜っている場合も。この場合は痛くてもかさぶたの一部を切り取って膿を出してやる必要があります。その後、消毒液で消毒してやると腫れがすぐに引くこともあります。更に重度の場合は早目に病院に行くべきでしょう。

4 おわりに

 同じシューズと同じソックスの組み合わせでできるマメはある程度発生部位が予想できますので予防できると思います。どこの部位があたっているか、擦れているか、そこをどうテーピングしてやれば擦れないのか等、レース前に十分研究してください。シューズには個体差もありますので、新品で勝負シューズを投入する際は事前確認ランが絶対に必要です。特に初めてトライするモデルの場合は、少なくとも10kmのペース走くらいはこなしてみてください。レース本番でマメに泣くのは、試していないシューズ&ソックスの組み合わせの時が多いようです。ぶっつけ本番を回避し、レース投入する前に入念な事前確認を行ってください。

 なお、レース中にマメで苦しんだ経験はないのですが、レース中には触るな、というアドバイスを与える方も多いです。しかし、あまりに痛いのであれば、自己ベストを諦めてコース脇に座り、靴を脱いでゼッケン止めのピンを1つ取って、組織液を抜いてしまう方が楽なのでは?と思います。恐らく完走はできるのでは?あくまで参考まで・・・。