ポイント貯めてサブ3!市民ランナーのブログ

こんにちは!サブ3ランナーのクッキーです。このブログではフルマラソンを走る市民ランナーに如何に「経済的に」それぞれの夢を達成するかのノウハウを紹介できたらと思います。真面目に走り始めると意外と経費が嵩んできますが、ポイントサイトを上手に活用して、サイフを使わずに速くなりましょう!

ランナーの悩み:レース用と練習用のシューズ、使い分け方法は?

f:id:tina_cookie:20181201172038j:plain

1 はじめに

 ランナーにとって、シューズは大変重要なもの。文字通り相棒ではないでしょうか。毎日走るようになった市民ランナーのみなさんは、恐らく数種類のシューズを使用していると思います。ではお目当ての大会本番に使用するシューズと、普段の練習において使うシューズはどのように考えたら良いのでしょう?ここでは、シューズの使い分けと購入の秘訣に迫ってみたいと思います。

[:contents]

 2 練習シューズ

 みなさんは練習シューズをどのように位置付けていますか?私は練習シューズを主に以下のように考えています。①普段のジョグ用、②ペース走用、③スピード練習用、の3種類です。それぞれに違いがありますので簡単に紹介します。

(1)普段のジョグ用

 文字どおり普段履きのジョギングに用いるシューズです。主にジョグはキロ4分半~5分半(6分~7分)のペースで用いることが多いです。ハッキリ言ってあまり速く走りません。体のコンディショニングを整えることを目的とした練習が主体です。ポイント練習の間のつなぎ練習という意味もありますので、脚への負担は避けたいところ。よって、やや靴底の厚いクッション性に優れた入門者向けのシューズを履くことが多いです。最初の写真のシューズは、数年前に履いていた「Mizuno Wave Idaten GR2」です。もうとっくに退役してますが(笑)、このような耐久性があるシューズが主流になります。重さは26.0cmで200~300gのものが好みです。ただし、あまりに重いシューズは如何にクッション性が優れていても、レースシューズとの差が大きくなりすぎますので避けるようにしています。

(2)ペース走用

 ポイント練習として設定のレースペースで走るための練習の際に履くシューズです。このシューズは多くの場合、一線を退いた本番用レースシューズを用いることが多いです。やはりお目当ての勝負レースでは新品のシューズを投入しますよね?そんなシューズも2レースも走れば私は現役を退かせています。しかし、機能的にはそんなに劣化していません。そんなシューズは毎週のペース走練習で活躍してもらいます。ではいつまで練習に使うのか?・・・概ね、靴裏(アウターソール)のブツブツがすり減ってなくなり、もはやグリップ力が失われたと感じるか、ミッドソールの反発力が劣化してスピードを生まなくなったと感じるまで使い続けるようにしています。

(3)スピード練習用

 このカテゴリーでシューズを持っている方は上級者かもしれません。私は、トラック練習用も兼ねて、AsicsのSortie Magic RP4を使っています。特徴としてはとにかく軽いことに尽きます。26.0cmでおおよそ160g程度。そして高反発。力強く蹴るとそのまま体がグッと前に進みます。キロ4分を切るペースで走る時には絶大な威力を発揮してくれます。ただし、クッション性はある程度犠牲になっていますので、一般的には長距離には向かないとされています。

f:id:tina_cookie:20181201181504j:plain

(4)その他

 みなさんトレイルランは経験ありますか?たまには舗装道路を離れ、不整地を走ることも気分転換にもなりますし、バランス感覚や体幹を鍛えるために効果的とされています。そのための専用シューズもありますので購入してみてください。また、雪国に住む方はこのトレイルランニング用シューズのほか、雪道に特化した「ASICSスノーターサー」というモデルもありますので、検討してみてはいかがでしょう?

3 レースシューズ

 説明不要でしょう。みなさん走力や好みにあったシューズを購入していることと思います。私がこれまで使ってきたシューズはAdizero Takumi Sen/RenやAsics Tarther Zeal、Wave Spacerといったレーシングモデルが主流でした。この際、ニューモデルにあまりこだわらなくても良いと思います。むしろ新製品が出る前には旧モデルが割安になる傾向がありますので、その際にまとめ買いするというのが賢い方法かもしれません。もちろん、年とともにシューズは劣化しますので、流石に3~4年以上経過したモデルには注意が必要です。高橋尚子さんはこの手のシューズは買わないそうですが(笑)。

4 問題点と解決策

 さて、ここまで色々な用途のシューズを紹介してきましたが、ここで1つ問題があります。「レースシューズが練習シューズと違っていいのか?」というものです。これはズバリ核心を突いた質問で、レース用のシューズと練習用シューズが違えば、当然走りにも影響するであろうことを示しています。これは事実だと思います。特に初心者ランナーは、本番に靴底の薄いレーシングモデルを履こうとは考えないと思います。如何に軽くて反発力があっても、クッション性が大きく異なるために42kmも足が持つわけがない・・・そのとおりでしょう。

 それならば、レースシューズを2足購入しては如何でしょう?いや本気で。特にレースペースを踏まえたペース走の練習では当然同じ条件、同じシューズで走りたいものです。型落ちのくたびれたシューズでは目標タイムが出なくて当然ですし、「本番のシューズは脚に合わず、レース中に脚が痛んだ」というような、よくある失敗も避けることができます。

f:id:tina_cookie:20181201181414j:plain

 ですので・・・ポイントサイトでしっかりお小遣いを稼いでおくことが重要なのです!レースシューズそのものにもしっかりと慣れておき、本番でいつもどおりのパフォーマンスを発揮しましょう!まだポイントサイトに登録していない方は、以下のバナーから進めばボーナスポイントも獲得可能!ぜひクリックしてみてください。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

5 おわりに

 やっぱりランニングにはお金がかかるというオチになってしまいましたが(笑)、実際、シューズにお金をケチるのは避けた方がいいです。食事も同様です。しかし、ウェアなどはある程度でいいです。ちなみに私はTIGORAとかばっかり(笑)。コスパいいですよ~!もちろん、ナイキやアディダスのウインドブレーカーなんかは正直カッコイイな~と思います。であれば、もっとポイント稼いで買おうかな、と思う今日この頃でした。いずれにしても、F1マシンがタイヤでタイムが大きく左右されるように、シューズはとても重要な要素。我々も自分の実力にあったシューズで自己ベスト更新を狙いましょう!

 

www.sub3runner-max-point.net

 

 ↓よろしければポチッとお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村